トピックス

2019/03/28 補助金&助成金情報 東京都中小企業振興公社「創業助成事業」

東京都の助成金で、「東京都内にこれから創業する、もしくは創業して5年未満の事業者に、オフィス家賃・什器・Webなどの制作&広告費、コンサルティング費用、自社人件費に至るまで、最大300万円を助成する」という返済不要の公的資金です。

上限額300万円 下限額100万円

・助成率
助成対象と認められる経費の2/3以内

とは、

「最大450万円の先行出費に対して300万円、後から精算支給しますよ。下限が100万円なので、150万円以下の使途には使えません」ということです。

使途が自由に近いほど幅広い分、採択率はかなり“狭き門”です。

独立起業はもちろん、新規事業展開での第二創業にも有効です

ご興味の方は、Webなどのマーケティングやブランディングを当社で手掛けさせて頂くことが前提にはなりますが、提携士業とのタッグによるサポートが可能ですので、お問い合わせください。

——–以下、要項より抜粋—————————————–

1. 【補助金・助成金情報】
   <対象:都内の創業予定者又は創業して5年未満の中小企業者等のうち一定の要件を満たす方>

「創業助成事業」は、創業予定者又は創業から間もない中小企業者に対して、創業期に必要な経費の一部を助成することで東京都における創業のモデルケースを創出し、新たな雇用を生み出すなど東京の産業活力の向上を目的として実施するものです。

■創業助成事業の概要

・助成対象期間
交付決定日(2019年9月1日予定)から1年以上2年が経過する日までの間で事業に必要な期間

・助成限度額
上限額300万円 下限額100万円

・助成率
助成対象と認められる経費の2/3以内

・助成対象経費
賃借料、広告費、器具備品購入費、産業財産権出願・導入費、専門家指導費、従業員人件費

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。